球磨村診療所

  • トップ
  • 外来のご案内
  • 診療内容
  • 設備

内科・小児科・外科・消化器科・胃腸科・皮膚泌尿器科・皮膚科

村唯一の診療所という特性から、地域の皆様に等しく最適な医療を受けていただくため、内科・小児科・外科・消化器科・胃腸科・皮膚泌尿器科・皮膚科などの、幅広い診療を行っています。

身近で何でも相談できる総合医療プライマリーケアを目指して、日々診療にあたっています。

患者様とのふれあい

最新のウイルス肝炎治療 《日本肝臓学会認定肝臓専門医》

B型及びC型肝炎は、肝硬変や肝癌といった重篤な病態を生じる可能性がある疾患です。
近年、C型肝炎に対してインターフェロンを用いない経口抗ウイルス剤による治療(インターフェロンフリー治療)が開始され、当院でも治療を行っています。またB型肝炎に対する核酸アナログ製剤の投与も行っています。
いずれの治療も熊本県の肝炎治療特別促進事業による医療費助成制度の適応となり、月1~2万円の自己負担額で治療が可能となっています。当院は肝炎専門医療機関として熊本県より指定を受けていますので、当院で医療費助成申請に必要な診断書が作成できます。
肝炎治療に関するご相談は当院にお問い合わせ下さい。

医療費助成制度の詳細 : 熊本県健康危機管理課 「肝炎対策」

苦痛の少ない内視鏡検査 《経鼻腔内視鏡》

特長 1. 吐き気が少ない

口から内視鏡を入れると、吐き気を催すことがありますが、鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気を催すことなく検査を受けることができます。

胃内視鏡と経鼻腔内視鏡の比較

特長 2. 検査中に会話ができる

口から内視鏡を入れると、口がふさがってしまうために検査中は話ができません。しかし、鼻から入れる場合は口を自由に動かせますので、検査をしている医師と会話ができます。その場で会話しながら、安心して検査を受けることができます。

特長 3. 体にやさしい検査

鼻からの内視鏡は鼻腔(びくう)へスプレーをして出血を予防し、ゼリー状の液体を流し込んで局部麻酔を行いますが、鼻の中に注射するようなことはありません。
麻酔に用いる薬が少量であるため、体への負担も少なく、検査終了後30~60分で水を飲んだり食事をしたり、車を運転することもできます。

経口の内視鏡が直径約10mmなのに対して、当院使用の経鼻は5.9mm。
細くてしなやかなスコープなので小回りが利いて狭い空間でもスムーズに反転して観察することができますので、 従来の太い内視鏡では見づらかった場所の病変を見つけやすくなりました。
患者様の負担も格段に少なくなっています。

従来型内視鏡と極細型内視鏡

短時間で終わる大腸内視鏡検査

患者様の負担を最小限にするため、当院での検査は15分以内で終了することを目標にしています。
技術向上のため、大腸内視鏡検査の勉強会に院長自ら参加し、日々、研鑽を積んでいます。

内視鏡検査装置

在宅診療・在宅看取り

毎週木曜日は在宅の患者様の診療を行っています。
地域の患者様に等しく最適な診療を受けていただきたいという思いから、様々な事情で診療所に足を運べない、在宅の患者様のお宅で、診療や看取りを行っています。

在宅診療・在宅看取り

介護福祉施設 入所者の診療

週2日、地域の福祉施設に診療に伺います。患者様とざっくばらんに会話しながら、患者様の体調のチェックや、症状に合わせた治療を行います。

介護福祉施設 入所者の診療

神瀬地区巡回診療所

週半日、神瀬地区巡回診療所で診療も行っております。
(毎週水曜日 午後1時30分~午後5時まで)

神瀬地区巡回診療所