球磨病院

  • トップ
  • 外来のご案内
  • 診療内容
  • リハビリテーション科
  • 検査・薬局
  • 入院について
  • 看護部のご案内

糖尿病

今や国民の約6人に1人は、糖尿病の疑いがあると言われており、放置すると、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症と言った深刻な合併症を引き起こします。
しかし適切に治療すれば、血糖値を正常に保って、合併症を防ぎ、健康を保つことができます。

当院の取り組み

患者様の血糖コントロールや、合併症予防のために、食事療法・運動療法・薬剤療法を行っています。生活習慣を見直し、医師をはじめとして、看護師、栄養管理士などが連携しながら、最適な方法をご提案します。

診療方法 指導 診療内容
外来診療 医師 運動療法、食事療法、薬物療法を組み合わせながら、患者様に最適な治療や処置を行います。
入院診察 医師 様々なご事情で、外来診療が不可能な患者様、自己注射が出来ない方、入院して本格的な血糖コントロールが必要な患者様、が中心です。
運動療法
生活指導
栄養指導
医師
看護師
栄養管理士
週3~4回(20~30分)の運動の指導、血糖を上げない食事の仕方等の栄養指導を行います。
薬物療法 医師
薬剤師
低血糖の起きにくい薬を組み合わせながら、症状に合わせた内服薬とインシュリン投与を行います。HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)は、過去1~2か月間の血糖値の平均を反映し、糖尿病の診断にも使われます。これまでのものから、およそ0.4%高くなります。
(例)従来6.1% →新数値6.5%
※新しいHbA1c(NGSP)値が6.5%以上の場合は、糖尿病が強く疑われます。

高血圧

血圧が高いと、心臓病や脳卒中、腎臓病などが起こりやすくなります。しかし、適切な治療を受けると、その危険性は大きく減ることがわかっています。

当院では、高血圧を治療するため、当院では、運動療法・食事療法などをご提案しています。

(1)運動療法
(2)食事療法(減塩指導)
一日の塩分の摂取量を6gとして、医師・栄養士等が栄養指導を行います。
患者様の実際の食事メニューを書き出していただいた上で、栄養指導や、料理方法・調味料の使い方・食べ方など、具体的な指導を行います。
(3)自宅での血圧測定(朝)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPDは肺で酸素を十分に取り組むことが難しくなる病気で、体を少し動かしただけでも息切れを起こすなど、頻繁な咳・痰症状が特徴です。
気管支炎が炎症を起こす慢性気管支炎・肺胞が炎症によって壊れてしまう肺気腫によって引き起こされます。
治療せずに放置すると病態は進行して、息苦しさのため日常生活でできなくなり、命にかかわることもあります。
40歳以上で、喫煙歴の長い人によく見られる症状です。

主な症状

  • せき・たん ~ 一年通して咳や痰が多い
  • 口すぼめ呼吸 ~ 呼吸時に自然と口をすぼめる
  • 息切れ ~ 少し運動すると息が切れる
  • 喫煙 ~ 何十年もたばこを吸っている 一日の喫煙量が多い

COPDは問診・身体所見と簡単な検査で診断できます。

X線写真・CT画像・気道閉塞の有無・1秒量・1秒率の低下で診断できます。

呼吸機能検査

気道閉塞の有無は呼吸機能検査(スパイロメトリー)で確認します。
肺活量や呼気量を検査して、肺活量に対する1秒量の割合が70%未満になるとCOPDと診断されます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まりそれによって日常生活に様々な障害をもたらす疾患です。
空気の通り道が塞がるまたは狭くなることによって起こります(閉塞型睡眠時無呼吸症候群・閉塞型SAS)。

主な症状

  • いびきをかく
  • 寝汗をかく、寝相が悪い、何度もトイレに起きる
  • 倦怠感や頭が重い
  • 日中の眠気 などの症状
閉塞型SASがもたらすリスク
急性期のリスク 慢性期のリスク
起床時の頭痛
頭重・倦怠感
集中力・記憶力の低下
日中の眠気・交通事故
生産性の低下
作業ミスによる労働災害
高血圧・糖尿病
心不全・心血管障害
夜間突然死・脳梗塞
認知障害・発育障害

検査の種類

当院では、SASの検査と治療を行っています。

簡易検査

呼吸の状態や血中の酸素の状態などを測定し、睡眠呼吸障害の程度(AHI)を調べることができます。
検査セットをお持ち帰りいただき、2日間、センサーを取り付け、睡眠時の呼吸や体の動きを調べます。
当院にて説明を受けた後、自宅で出来る検査です。

AHIが規定値以上で眠気などSASの症状が明らかな場合、治療の対象になります(CPAP療法)。
AHIが規定値以下であれば、さらに精密検査が必要です。

治療

CPAP療法~

CPAP装置からホース、マスクを介して、処方された空気を気道へ送り、常に圧力をかけて空気の通り道が塞がれないようにする治療方法です。適切に行うことで、睡眠中の無呼吸やいびきが減少します。
治療を続けることによって、症状の改善が期待できます。また血圧を下げる効果の報告もあります。

脂質異常症

体重管理(運動療法)
食事療法
患者様が実際に摂取された食事メニューを書き出していただき、具体的な改善点を提案いたします。

PEG(経皮内視鏡的胃瘻増設術)

経口摂取が困難となった患者様に対しては、直接、腹壁から胃に栄養を注入することができる経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)を行っています。

  • 脳の障害、認知症などにより自分で食べる意欲が障害した方
  • 神経筋疾患などにより、飲み込む機能が障害された方
  • 頭部、顔面の障害で、食べる機能が障害された方
  • 食道や胃の病気により、口から食べる機能が障害された方
  • 鼻から管を入れ、経管栄養をされている方で誤嚥してしまう方
  • 口からご飯を食べても謝嚥する方

プル法(Pull法)

プル法は腹壁から挿入したループワイヤーを口から外に出し、このワイヤに結びつけた胃ろうカテーテルを口から胃の中に引き入れ、腹壁外へと引き出して胃ろうをつくります。最も歴史があり、評価が確立していますが、2度の内視鏡挿入が必要となります。

イントロデューサー法(Introducer法)

プル/プッシュ法とは異なり、腹壁にトロッカー(太い針)を介して、直接胃ろうカテーテルを胃内へ挿入します。内視鏡の挿入が1度で済み、咽頭部を通らないので感染の危険が少ないと言われています。

※胃瘻造設術に適さない症例もあります。また術中、術後の合併症のリスクもあります。
詳しくは、主治医にご相談ください。

腹部エコー検査

腹腔内臓器(主に、肝臓・胆のう・膵臓・脾臓等)を画像化して診断する検査です。
肝癌・肝硬変・脂肪肝・胆石・胆のう炎・胆のうポリープ・膵石・膵炎等の診断ができます。

ERCP(内視鏡的逆行性胆管・膵管造影)

十二指腸ファイバーを用いて胆汁、膵液の出口である乳頭開口部にカニューレ(内視鏡体の中を通るような細い管)を挿入し、造影剤を注入して、胆管、胆のう、膵管をX線で撮影する検査です。
癌・胆石・膵石・膵炎等の診断をします。
最近では、MRIによる検査が行われることが多くなりましたが、内視鏡的処置(胆管内結石の排石、減黄目的のステント挿入等)を行うには、ERCPが必要です。

内視鏡下処置《(生検・ポリペクトミー・内視鏡粘膜切除術(EMR)》

生 検
内視鏡検査時に病変の一部を採取し、病理診断(顕微鏡で細胞を調べる)を行います。
ポリペクトミー
いわゆるポリープを、内視鏡を使って、スネアーと呼ばれるループ状の針金で切除
EMR(内視鏡的粘膜切除術)
消化管の早期の癌等の治療で行われます。病変の粘膜下層に生理食塩水を注入し、病変全体を盛り上げて、スネアーで病変を締めつけながら、高周波電流を流して焼き切る方法です。

小児外科

鼠径ヘルニア(脱腸)

いわゆる「脱腸」です。股の付け根が泣いた時やお風呂上りなどに腫れます。男の子では陰嚢まで腫れることもあります。
こどもの鼠径ヘルニアはほとんどが生まれつきのものです。睾丸ができる時に腹膜が睾丸を包み込みますが、その時できる腹膜の突起が閉じずに残り、ここにお腹の中の臓器が入り込みます。
多くの場合ヘルニアの中身は小腸ですが、これがお腹の中に戻らなくなり、腸が腐ってしまうことがあります。
男の子の場合ヘルニアが出る穴から睾丸にいく血管があり、これが圧迫されて睾丸に血液がいかなくなる可能性があります。女の子では時に卵巣が出てきて、ねじれて腐ってしまうこともあります。
腫れるだけで痛みがないからといって、安心はできず、見つけ次第、早期に手術した方が安全です。

精索水腫、陰嚢水腫

鼠径ヘルニアの袋に、腹水がたまったものです。
赤ちゃんの時に見られる水腫は自然に治ることが多く、2歳くらいまで様子を見ますが、時に鼠径ヘルニアになることがありますし、鼠径ヘルニアとの区別も難しいことがあります。2歳以降に見られる精索水腫や陰嚢水腫は手術した方が良いでしょう。

停留睾丸、移動睾丸

睾丸は、胎児のときにまず腎臓の下あたりにでき、これが次第に下に降りて陰嚢に固定されます。停留睾丸はこの過程が途中で止まったものです。
生れたときに停留睾丸でも1歳くらいまでには下降すると言われています。1歳以降睾丸が陰嚢まで下りない場合は手術が必要です。

急性虫垂炎

いわゆる「もうちょう」です。上腹部がまず痛みだし、次第に右下腹部に痛みが移動することが多いのですが、いきなり右下腹部が痛み出すこともあります。
漫然と抗生剤を飲んでいると、症状がわかりにくくなり、気づいた時には腹膜炎になっていたということにもなりかねません。

包茎

包茎は包皮の出口が狭いために亀頭がでないものです。汚れがたまると包皮炎や尿道炎の原因となるので、清潔を保つために手術をした方がよいでしょう。

臍ヘルニア

いわゆる「でべそ」です。へその緒がとれた後の(腹壁の治り?)が悪くて起こるものです。
気になる方は早めにご相談ください。

腸重積症

腸の中に腸が入り込み、激しい腹痛を起こす病気です。腸の血管も圧迫され、腸に血液が行きにくくなりますので、時間がたつと腸がくさってしまい、腹膜炎を起こすこともあります。
治療は、まず高圧洗腸を行います。お尻から腸の中に一定の圧力で造影剤と共に空気を入れ、重なった腸を押し出すものです。

シャント(血液透析に必要な人工血管造設)

血液透析を行うには、まずシャントが必要です。シャントとは、静脈を動脈に縫い合わせてつなぐことで、動脈血を直接静脈に流すことをいいます。

血液透析には、1分間に200mlくらいの血液流量が必要になります。
この量は、シャントのない静脈で取り出すにはあまりにも量が多いので、動脈に穿刺して血液を取り出す必要が出てきます。
しかし、毎回動脈に穿刺するのは大変困難で、止血時間も長くなる等、問題も多くなってしまうので、動脈と静脈を繋ぎ合せ、静脈で毎分200mlの血液が取れるようにします。
これで、普通に採血するように穿刺をして、血液透析ができるようになります。