球磨病院

  • トップ
  • 外来のご案内
  • 診療内容
  • リハビリテーション科
  • 検査・薬局
  • 入院について
  • 看護部のご案内

リハビリテーション科のご案内

シームレスサポートを目指して!患者様との「二人三脚」で、切れ目のないサービスの提供を心がけています

患者さまや障害者の方々が、一日でも早い回復のお手伝いをするため、医師の指導のもと、リハビリテーション医療に取り組んでおります。
回復期のリハビリテーションを中心に、小児から高齢者の方々まで幅広い疾患・障害を対象に、理学療法・作業療法・言語聴覚療法・小児療育の各専門スタッフによるリハビリテーションを提供しています。

診療スタッフ
理学療法士 16名/作業療法士 5名/言語聴覚士 2名

診療案内

脳卒中・頭部外傷による後遺症(運動障害・感覚障害・嚥下障害・高次脳機能障害など)・脊髄損傷・切断・整形疾患等を対象にしています。
他科との連携を図りながら全般的にリハビリテーションの必要な患者さまに働きかけます。
運動器リハビリテーション・脳血管脊髄障害等リハビリテーション・小児発達障害リハビリテーションと総合的リハビリテーションサービスの提供の実施を行っています。

理学療法
理学療法では、病気、けが、高齢、障がいのある方の機能の回復・維持を目的としています。
障害などによって寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなどの動作が低下した状態にある人々に対し、運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて治療を提供させて頂いております。
作業療法
作業療法では、上肢機能や日常生活動作、高次脳機能の障がいのある方の機能の回復・維持を目的としています。障害によって、ひとりでトイレに行けなくなる、着替えができなくなる、食事が摂れなくなるなどの状態に対して作業活動を用いて行う治療・指導・援助を提供させて頂いております。
言語聴覚療法
言語聴覚療法では、ことばやコミュニケーションに障がいのある方の機能の回復・維持を目的としています。
また、食事をするとむせてしまい、うまく食べられないなどの症状がみられる「摂食・嚥下(えんげ)障害」でお悩みの方もご相談ください。
個々の症状にあわせ、訓練や食事形態等の提案をさせて頂いております。
小児療育
家族の要望のもとに、発達に障がいがみられるお子さまに、外来訓練を行っています。
障害・症状に応じて、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が個別訓練を通して機能訓練・装具・日常生活動作指導・家族指導などの支援を行っています。
基本的な生活習慣や社会性を養うために関係療育機関と専門スタッフが、連携して子供達の療育を行っています。